コージェネレーションとは「Co(共同の)Generation(発生)」の名前の通り、ひとつのエネルギーから複数のエネルギー(電気・熱など)として利用するシステムのこと。例えば自動車を想像してみてください。自動車は「ガソリン」を燃やすことで、車を進める「動力エネルギー」、エンジンの燃焼時に発生する熱を使った「暖房」、ヘッドライトや、ウィンカーなどで使う「電気」など複数のエネルギーをつくり出しています。このようにひとつのエネルギーを色々な用途で使うシステムのことをコージェネレーションといいます。
一般的にいうコージェネレーションとは、都市ガスなどの一次エネルギーを使い、「電気」、「冷暖房」、など複数のエネルギーを取り出すシステムのことです。施設内で自家発電をすると同時に、発電時に出る排熱を利用し、電気と熱の二つのエネルギーを同時に利用します。
システムの一次エネルギーとして、ガス、石油、石炭などの原料を利用し、原動機には、ディーゼルエンジン、ガスエンジン、ガスタービンを用途や目的に応じて選びます。燃料を高効率で利用できる他、メンテナンスコストの削減、省エネルギー、CO2の削減、電力の安定共有など、様々なメリットが得られます。


コージェネレーションシステムは、エネルギーを必要とするその場所で製造するオンサイトシステム。そのため送電など、エネルギー輸送に伴うロスがなく、また従来の発電方式では廃棄していた排熱を有効に利用することができます。
都市ガスを燃料とするコージェネレーションシステムでは、ガスエンジンやガスタービンによって発電機を動かし、電気をつくると同時に排熱(排ガスや冷却水からの熱)を回収し、プロセスや空調に利用。これにより一次エネルギーの70%〜80%が有効利用されることになります。



コージェネレーションシステムを持つことにより、自前の電源として使え、災害時などの停電時にも活用できます。同時に非常用発電設備費の削減もできます。



ガスコージェネレーションシステムは高効率であり、地球資源の有効利用に大きく貢献します。しかも天然ガスからつくられるクリーンな都市ガスを燃料としているので、ばいじんやSOxを発生せず、地球温暖化の大きな原因といわれるCO2の排出量も大幅に削減。NOxの発生についても、さまざまなNOx低減技術により最小限に抑えています。


ガスコージェネレーションシステムによる常用発電設備を備えることにより、契約電力を低減。基本料金が下がると共に、発電量に応じて従量料金も下がり、電力料金を削減できます。一方ガス料金は、ガスを発電にも使用するので増加しますが、排熱利用により他の熱源設備の使用を節約できるため、全体としてエネルギーコストを大きく削減できます。また、従来システムに対してガスコージェネレーションシステムの設備費は増加しますが、ランニングコストを削減し、トータルコストを低減できます。